心の警報に気をつけましょう!!

ストレスが溜まってくると、「気分」「行動」「思考」「身体反応」に変化が生じま

す。

時には足を止めて、心の中を振りかってみることにより、心の警報」に早めに気付

くことができ、うつ病の予防に役立ちます。

 

<うつ病(うつ状態)の症状⇔心の警報>

●気分の症状・・・・・抑うつ気分、悲哀感、不安感、イライラ

●行動の症状・・・・・興味の喪失、集中力の低下、意欲低下、焦燥

●思考の障害・・・・・些細なことへのこだわり、悲観的な考え方、自責感

           自殺念慮、自殺企図

●身体の症状・・・・・全身倦怠感、易疲労性、不眠、食欲低下、性欲減退

           頭痛、頭重、肩こり、口渇、動悸、咽喉頭異常感、

           胃部不快、頻尿

 

*「思考」「気分」「行動」「身体反応」の4つの領域は、それぞれ関連しあってい

 ます。 


<こころの健康を保つために>

●十分な休養

 無理をせずに、エネルギーを充電しましょう。

●健康的な生活

 ・3食食べる

 ・過度の飲酒を避ける

  *飲酒は、睡眠を浅くし、うつ病(うつ状態)を悪化させます。

 ・運動する→体力増進、気分の向上

  *汗ばむ程度に、できれば週3回以上

 ・6~8時間の睡眠

●楽しみ、くつろぎの時間を大切にしましょう。

 ・疲れが残らない範囲なら、何をやっても結構です。

 ・自分なりに趣味、飲食、スポーツ、読書など

 ・仲間の活用:おしゃべり、相談など

 ・リラックス:マッサージ・音楽など

 ・リフレッシュ:睡眠、旅行など