認知のかたよりの修正方法

認知のかたよりを修正し、バランス思考を導き出す方法として、「視点を変えてみる」ことがとても有効です。次のように自分に問いかけてみて、認知のかたよりや自動思考の自分自身の傾向に気付くことが、認知の歪みを修正する第一歩になります。

 

<視点を変える質問例>

 

  1. 家族や友人が同じような考えをしていたら、どのようにアドバイスするだろう?
  2. 他の人(○○さん)がここにいたなら、どうアドバイスしてくれるだろう?
  3. 他の人(○○さん)なら、他の見方をしないだろうか?
  4. 元気な時だったら、違う見方をしないだろうか?
  5. 以前同じような経験はなかったか?その時はどう対処しただろうか?
  6. 自分ではどうしようもないことで、自分を責めていないだろうか?
  7. 5年後、10年後に同じような体験をした時は、どのように考えるだろうか?
  8.  見逃していることはないだろうか?
  9.  その考えは事実に基づいているものだろうか?
  10. そう考える根拠は何だろうか?根拠は本当にあるのだろうか?