認知のかたより(アンバランス)

認知の歪み(アンバランス)に気が付く事も、ストレスに対処し、ストレスを軽減するうえで大切です。

 

☆認知のかたより(アンバランス)


1.感情的きめつけ

証拠もないのにネガティブな結論を引き出しやすいこと「○○に違いない」

例:取引先から1日電話がない→嫌われたと思い込む

2.選択的注目(心の色眼鏡)

良いこともたくさん起こっているのに、些細なネガティブなことに注意が向く

3.過度の一般化

わずかな出来事から広範囲のことを結論づけてしまうこと

例:1つうまくいかないと、「自分は何ひとつ仕事ができないと」考える

4.拡大解釈と過小評価

自分がしてしまった失敗など、都合の悪いことは大きく、反対に良くできていることは小さく考える

5.自己非難(個人化)

本来自分に関係のない出来事まで自分のせいに考えたり、原因を必要以上に自分に関連づけて、自分を責める

6.0か100思考(白黒思考・完璧主義)

白黒つけないと気がすまない、非効率までに完璧を求める

例:取引は成立したのに、期待の値段ではなかった、と自分を責める

7.自分で実現してしまう予言

否定的な予測をして行動を制限し、その結果失敗する

そうして、否定的な予想をますます信じ込むという悪循環 

例:「誰も声をかけてくれないだろう」と引っ込み思案になって、ますます声をかけてもらえなくなる