認知療法・認知行動療法とは?

認知療法・認知行動療法は、何か困ったことにぶつかったときに、本来持っていた心の力を取り戻し、更に強くすることで困難を乗り越えていけるような心の力を育てる方法として今最も注目を集めている精神療法です。

 

~出来事ー自動思考ー感情ー行動の相互関係に注目した方法です~

「現実の受け取り方」や「ものの見方」を認知といいますが、認知に働きかけて、心のストレスを軽くしていく治療法です。

認知には、何かの出来事があった時に瞬間的に浮かぶ考えやイメージがあり、「自動思考」と呼ばれています。

「自動思考」が生まれるとそれによって、いろいろな気持ちが動き行動することになります。

ストレスに対して強い心を育てるためには、「自動思考」に気付いて、それに働きかける事が役立ちます。

認知療法・認知行動療法では、つらくなったときに頭に浮かぶ「自動思考」現実にそった柔軟なバランスの良い新しい考え方に変えていくことでその時々に感じるストレスを和らげる方法を学びます。

 

その結果、今までよりも楽な気持ちでもっと自分らしく生きられる可能性が高まります。